トップイメージ

ブログ記事一覧


作成日時:2020年3月31日

志村けんさんのご冥福を

コラム

世界中に武漢ウィルスが蔓延して恐慌状態です。昨日も日本の誇るエンターテイナー志村けんがあっけない程に亡くなり、いよいよウィルスの恐ろしさが実感しました。世界的なコメディアンであり、テレビ界に不可欠の天才でしたが、天災のような病魔には勝てませんでした、多くの番組の主役でしたから後釜になれる人がいればよいのですが。ここしばらくは、年度末の業務の締めといくつかの問題点を解決し、ようやくスマホをいじれるようになって、また四苦八苦しておりました。スマホを活用することで、また世界が広がることができるのではと期待しております。その間にも武漢ウィルスの歯止めが利かず、ヨーロッパやアメリカの拡散は人類の脅威であ……

続きを読む ≫

作成日時:2020年3月17日

狂気に対する裁判

コラム

相模原の障がい者施設での凶行に対し、犯人に死刑判決が出ました。当然のことですが、彼はまたは彼らは異常者ではなく、そういう自己中心の世界を作り上げるために他人を犠牲にしたのです。特定のだれかではなく、自分で作り出した物差しに合わないと思った人間を作業的に破壊し、自分の存在を証明したかったのです。かれらには、京都でアニメ会社にガソリンを蒔いた男や、小学生の並んだ列に刃物を切りつけた無差別殺人もすべて同じでしょう。社会から疎外され、社会から見放されたと思い込んでいる人間にとって逃避し身を隠すのではなく、自分の作り出す尺度で生きようとする人が存在するわけです。しかし、それを実現するには、その尺度に適合……

続きを読む ≫

作成日時:2020年3月13日

オリンピックはどうなるか

コラム

昨日、ギリシャの神殿から聖火が日本に向かいました。いよいよオリンピックが始まったのです。聖なる火で邪悪な病魔を追い払ってもらいたいのですが。邪悪な武漢ウィルスが出発したのは中国でした。中国での患者数は大幅に減少してますが、世界からみれば手遅れ状態です。なぜWHOは中国での流行が過ぎた段階でパンデミック宣言をしたのか府に落ちません。というより、中国のご機嫌を損なないように宣言しなかったという、まさに中国のための国際機関であることが露見され、おかげで中国から21憶円の寄付をもらったそうです。本当に中国での流行が終息するのかは疑問ですが、世界では急速に拡散し留まるような状況ではないようです。その中で……

続きを読む ≫

作成日時:2020年3月12日

甲子園高校野球の中止

コラム

これまでの練習の成果も、開催されなければ無駄に終わるのだろうか、甲子園春の選抜高校野球が中止になりました。気の毒と言うか、病気の毒と言うか、武漢ウィルスのおかげです。基本的に外気中では感染リスクはなく、閉鎖空間での接触に注意すればよいのですが、万が一を考えてのことでしょう。高野連は野球部員の不祥事ではなく、関係ない生徒の不祥事でも出場辞退させるところですので、責任回避のためにはなんでもします。責任回避の皇帝はもちろん中国共産党の習が世界制覇の王者ですが、いまだに世界にばらまいた生物化学兵器のワクチンを公開していません。急速に中国国内で終息に向かっているということは何らかの特効薬が行き届いている……

続きを読む ≫

作成日時:2020年3月10日

中国はなぜ謝罪しないのか

コラム

世界経済が急速に減速している、リーマンショックの再来かそれ以上か、これで日本経済の失速が救いがたい状況になるのは明白だ。昨年の消費税増税と台風被害のダブルパンチにこの武漢ウィルスの被害があるからだ。しかし、消費税増税を何度も悪いと言ったのだが、昨年からの景気後退で、おそらくバブル期のようなイベントや行楽地での多数の来場者で盛り上がるような状態ではなかったので、今回の中国新型コロナウィルスの被害が抑えられたのかもしれないと、結果論としてよかったのかもしれない。しかし、中国は武漢を強制的に閉鎖してウィルスを抑え込んだと自負し、世界からの賞賛と感謝を望んでいるようだ。はっきり言ってとんでもない傲慢さ……

続きを読む ≫

トップへ戻る