トップイメージ

ブログ記事一覧


作成日時:2019年12月16日

リーダーシップのない国連

コラム

地球温暖化は全人類にとって最も重要な問題であり、解決しなければまさに人類絶滅に至る大問題である。しかしながら、国連気候変動枠組みの国際会議は何らの成果もなく閉幕したという。結局問題意識はあっても、反対する国の意向、とくに中国共産党に気を使って言えなかったのだろう。だったらはじめから無意味であり、二酸化炭素を世界の3分の一を中国だけで排出している事実を公表し、それを非難さえできず、中国を擁護する意味は何もないだろう。16才の少女も中国を非難もしない、ただのスターになりたかっただけかもしれない。ハッキリ中国を名指しでいい、二酸化炭素排出を止めさせなければ人類絶滅である。日本の野党にように桜を見る会……

続きを読む ≫

作成日時:2019年12月14日

ヘイトの危険

コラム

国会も終わりましたが何を議論されたのかわかりませんでした。あるとすれば桜を見る会についての野党議員の大げさなヘイトスピーチ位でしょうか。とても聞くに堪えない発言をいたるところで特権と思い込んでいるのでしょうか、叫んでいますが、他に重要な問題は議論しないのでしょうか。地方ではヘイトスピーチ条例で刑罰が下されるようななったようです。国会もヘイトの対象にすればいいのではないでしょうか。ちなみに日本の事についてはどれほどヘイトしてもヘイトの対象ではないのも違和感を感じるところです。同様なことでは、愛知県の大村知事が慰安婦像などの日本を貶める展示物を表現の自由と称して公金を使い物議になりました。日本人の……

続きを読む ≫

作成日時:2019年12月13日

消費低迷か

コラム

名古屋の街は、美しく広々としてすべてに余裕とゆとりが感じられる大都市です。個人的には大須観音のような昔の風情を残す場所に愛着を感じますが、ここですらアーケードの大きさには度肝を抜きました。夏に表現の不自由展と言う極めて政治的な展示会が行われましたが、大村知事はどうしてこういう展示を行ったのか極めて疑問です。他国を貶めるような展示を平気で行い、日本が令和になったお祝いを台無しにしたように感じます。韓国は一方的に強制労働とか主張しますが、日本の専門家は会社に正式に採用された人であり強制的な徴用ではないし、給与も支払われていということです。もちろん日本の裁判では認められず、結局韓国の無法な裁判所が強……

続きを読む ≫

作成日時:2019年12月12日

引きこもりの問題

コラム

もう北国では雪世界になっているようで、日々寒くなってきています。風邪をひかないようにご注意ください。ノーベル賞を吉野先生が受賞される一方で、アフガニスタンではこれまで多大に貢献した中村先生がテロの凶弾に倒れ痛ましく憤りを感じます。こういうことに一切日本の人権団体や野党は非難をせず、ひたすら安倍総理の桜を見る会のみに非難を続けているほうが異常な気がしております。首里城の再建計画も立てられましたが、復元した城にスプリンクラーもつけていないなどその不備をきちんと検証しないと再び炎上する可能性もあります。そもそも沖縄県知事は尖閣石垣周辺の漁場維持のために何もしていませんね、尖閣の島に漁業用に灯台等に設……

続きを読む ≫

今年は地球規模の異常気象で大災害が多発しました。それと人権問題がようやく国際的な問題として提起され、香港とウイグル族の中国による人権侵害についてアメリカの法律が作られています。日本の人権は国内の反日活動家により逐一国際的な非難を浴びせらられますが、中国はだれも見て見ぬふりをしてきました。日本も一言も言いませんし、逆にささいなことでも土下座外交でひたすら謝罪のオンパレードでした。これもあれも結局憲法第9条で日本が悪いからという洗脳をされているからです。土下座外交の主体は憲法第9条であり、その結果として、ロシアとの北方領土交渉、日米貿易交渉、韓国の様々な誹謗中傷と条約無視、北朝鮮問題、すべての根源……

続きを読む ≫

作成日時:2019年12月2日

多忙な師走

コラム

師走になり、あっという間に令和元年が終わりますね。異常なお昼の電話攻勢も今は落ち着きを取り戻しました。毎昼の12時10分ころになると、電話が鳴り響き、食事も取れず、こちらも何年も続く嫌がらせに激怒して怒鳴りまくった日々も今はだいぶ良くなりました。やはり親の介護で昼がデイサービスに行き始めた結果、だんだん昼に対する意識が変わったのかもしれません。 来年はいよいよオリンピックですが、先ごろの中曽根元首相の死去で思ったことは、ちょっと総理大臣が忙しくは過ぎないかと言うことです。中曽根氏は座禅やそれなりの心の余裕が感じられましたが、安倍総理は日々大変そうです。たしかに、消費税や北方領土、日米貿易交渉……

続きを読む ≫

トップへ戻る