トップイメージ

ブログ記事一覧


作成日時:2019年7月19日

看護家政協会関東支部総会

コラム

7月10日に看護家政協会関東ブロックの総会がありました。いつも会場としている中野サンプラザビルも建て替えが決まったようです。時代は昭和から平成、そして令和と着実に進んでいるかのようです。隣国はいつまでも過去にこだわり、いつまでも歴史をゆがめ、自己主張のみを繰り返している状況では、国際的な協調協力関係は不可能であり、速やかに関係解消につとめるべきでしょう。芸人の方々も闇営業で仕事をさるようなときです。しかし、もっと早くなんらかの対応ができなかったのでしょうか。トップ芸人の方数名がほとんどすべてのテレビ番組を独占しており、若手中堅の芸人たちの仕事場を奪っていたのではないかと考えています。こういうこ……

続きを読む ≫

作成日時:2019年6月28日

日紹連総会開催

コラム

令和元年日紹連総会が市ヶ谷のアルカディアで開催されました。日紹連は、家政婦紹介事業を営む紹介所の全国的な組織ですが、近年会員数の減少とそれに伴う会費の減少に苦しんでいます。それでも紹介業を起業する人も出てきており、日紹連としてもバックアップをする方向に動いています。介護保険だけでは不十分な高齢者や障がい者の方々にきめ細かい世話をするには、家政婦紹介所の家政婦さん、ヘルパーさんを活用していただき、またそういう仕事をしたいと言う家政婦さんたちの職場探しも必要になります。是非、家政婦さんを使ってみたいという方がいれば、全国にある家政婦紹介所に相談しえください。 今日から大阪がG20会議が開催されま……

続きを読む ≫

6月13日に東京で令和元年度公益社団法人日本看護家政紹介事業協会総会に出席しました。当協会も赤字が拡大し、会員数の減少に悩んでいます。我々小紹介所の多くも経営における将来性に不安を抱いております。まあ、高齢者社会になり、まだ需要がある限りは続ける所存ですが、10年先の見込みなどありません。たびたび消費税増税を反対しておりますが、これ以上景気の減退につながり、極めて可笑しな世策に感じます。金融庁も定年後は2000万円なければ生活の維持ができないような報告書がでたそうです。 今回は視点を変えて、政府の増税は必要です。消費税の値上げを反対していながら矛盾しますが、景気振興には消費税の据え置きし、法……

続きを読む ≫

作成日時:2019年4月27日

日紹連の共済委員会開催

コラム

4月24日(水)に日紹連本部で平成最後の共済委員会が開催されました。ちなみに翌日は日紹連千葉県支部の会議があり、これも平成最後になります。 共済委員会は平成30年度の予算および決算報告と、規程細則についての議論が中心でした。いかんせん、高齢化の波は押し寄せてきており、家政婦さんの退会が増えているようで、共済会員の減少が続いております。昨年10月から共済制度の簡素化を行い、一律5万円が給付限度額になりましたが、特に支障なく皆様のご協力を得ており感謝に堪えません。簡素化で、事務経費等の抑制も行われ、今後一層の経費削減に努めるということになりました。また、共済規程も、さまざまなニーズに沿って改正を……

続きを読む ≫

平成31年2月21日に東京四谷の主婦会館で日紹連セミナーに出席しました。 今回は、財務の基本と会計知識というテーマで、公認会計士梅田泰宏先生をお招きした講演でした。 紹介業では日々、求人者と求職者のマッチングをしているのですが、なかなか会計財務税務は疎いところがあります。当紹介所も税理士の先生にお任せしているのが実情で、お金の流れがどうなっているのかに注意することは少ないので、ちょうど良い機会でした。午後の部では、事業継承とかSNS( ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のいついての勉強会でした。どちらも重要かつタイムリーな話題で非常に良かったです。どこの中小企業も将来の事業継承につ……

続きを読む ≫

作成日時:2019年2月3日

家政婦紹介業の未来

コラム

家政婦紹介業を始めて11年目に入りました。早いものです、文部科学省の施設を辞めてこの家政婦紹介も代々約90年も千葉で続いています。昭和から平成、そして次の時代へと進みますが、よく90年も続いたものです。いまはコンビニや宅急便、大型商業施設で街のお店は大半が姿を消しています。八百屋さん、魚屋さん、電気屋さん、総菜屋さん、洋服屋さん、どれもこれも見かけなくなったかシャッターがしまったままです。家政婦紹介もいろいろな変革があったとおもいますが、日々柔軟な対応ができなければ、急な変動にも太刀打ちできません。これから家政婦はどうなるのでしょうか。 第一に、やはり高齢化社会に対応できないといけないです。……

続きを読む ≫

作成日時:2018年11月19日

国会議員の役割

コラム

韓国の不当裁判で、関係企業に賠償が決定されましたが、これに対して日本の国会議員は何も言いません。石破議員も総裁選挙に出るくらいの人物ですが、「残念」としかいいませんね。結局、その程度しか言う能力がないのでしょう。本当のことは言えませんが、これも韓国の接待作戦の成果です。つまり訪韓した国会議員は全てハニートラップにかかってしまい手も足もでないということです。少しでも反論しようものなら、日本の国会議員出演のアダルトビデオが一斉公開されるということです。いかに韓国の酒と女性の接待はすごいかです。まあ、オリンピック担当とか、サイバー被害担当とか言っても無能の極みでこれこそ、残念です。もう少し問題理解す……

続きを読む ≫

トップへ戻る